前文科次官の前川喜平が現職時代に出会い系バーに出入りしてしたことが判明しました。

まあ国の教育のトップである立場の人が売春の温床になっている場所に出入りしていたのには驚きとともに呆れがこみ上げてきますが、その出会い系バーでほぼ確実に格安に割り切りセックスできる方法があることをご存知でしょうか?

ここではその方法を紹介します!

そもそも出会い系バーとは?

まず「出会い系バー」って何ぞや?ということですが、まず基本的に女性は飲食無料です。

男性側は数千円払って飲んでいる女性を眺め、気に行った子がいたら店員に言って相席することになります。

そこで条件が合えば店外へ!ということになります。

つまり売春の温床になっているというわけであります。

 

出会いカフェと何が違う?

ちまたの出会いカフェと何が違うのか?という話になりますが1番の違いは営業時間です。

出会いカフェは風営法により夜12時までとなって居ますが出会い系バーは飲食店という形をとってるので営業時間に制限はありません。

関連↓

出会いカフェはサクラがいる?攻略方法と注意点を公開

 

出会い系バーで格安で女の子を買春する方法とは?

その営業時間に違いがミソです。どういうことかというと出会いカフェでマッチングしなかった女の子が夜12時を過ぎると出会い系バーに一気に流れてくるということです。

女の子からしてみれば始発まで時間を過ごしたいがために安い金額でホテルへの誘いにも応じやすくなります。

つまり夜12時ぐらいに女の子を誘えば始発の5時くらいまで格安で女の子を独占できるということです。

前川喜平(まえかわきへい)さんも頭の良い官僚でありますので、こんなテクニックを駆使して安い公務員の給料で若い女とセックスしまくっていたのかもしれません。

しかしこのテクニックには難があって出会いカフェでマッチングしなかったいわば余りものの女性というのはブス・デブばかりということであります。

前川喜平さん、安い給料でブス・デブとのセックスを堪能していたのでしょうか?笑えますね(笑)

【追記】

この前川喜平が出入りしていた歌舞伎町の出会い系バーに管理売春の疑いで警察の捜査が入ったようです。逮捕でしょうね!

出会いカフェの口コミも見ておきましょう!↓↓

【口コミ】出会いカフェ「キラリ」渋谷店に行ってきましたー!

【口コミ】出会いカフェ「キラリ」新宿本店に突撃。出費額は?

【口コミ】出会いカフェのキラリ池袋東口店に行き、女性の利用目的を聞いたら、、

【口コミ】新宿のモモカフェという出会いカフェに行ったときの話

【口コミ】大阪日本橋の出会い喫茶「メイツ」に初めて行ってきた

 

↓出会いたいなら断然出会い系がオススメ↓ クリック

【保存版】出会い系サイトを比較しました

今すぐ優良サイトの特徴をチェック&無料登録で無料ポイントゲット