【大阪・誠心の口コミ】30代を過ぎた時、初めて待っていてもこのままでは出会いはないと焦りを感じました。

周りの友人が次々と結婚、出産をしていく中、ここから本当に自分が望むような結婚が出来るのか…、そう思うと恥ずかしながらとてつもなく不安になり、会社で1番信頼していて、理想の夫婦である先輩に相談したのです。

30代なら30代同士で集まれる、婚活パーティーに参加するのが1番良いと方法だとアドバイスをされた事がきっかけだったと思います。

目的も出会った時から同じですし、上手くいけば2.3ヶ月でそのまま結婚してしまう方もいる様で、それを聞いて少しだけホッとしたのを覚えています。

数ある中で誠心を選んだのは、先輩が元が誠心結婚相談所の会員であった事、3回程参加した婚活パーティーが、物凄くレベルが高かった!とテンションを上げまくり話していたのを思い出し、羨ましく思ったのもあり、まずは登録、無料相談に行ってみる事にしたのです。

休日に初めて訪れた時、驚いたのは社員の方々が皆様とても華やかだったという事です。

キャリアウーマンといった感じで、初めての相談所で何も分からず、普段通りのラフないでたちで訪れてしまった私に、少しだけがっかりした様な冷たい印象を感じました。

会員であった先輩は、名の知れた出身大学、スタイルはモデル並みの女性だったので、こちらの会員として相応しいと一目で判断されたのかなと思った事。

「私は何をとっても普通で、これと言ったアピールポイントが無いのです。」そんな事を緊張感からか消えそうな小さな声で言うと、「そんな小さな声ではパーティーに参加されても印象に残りませんよ。」言われてしまい少しショックでした。

その後も…、彼女の言う事はもっともですし、合っているのですが、あまり高望みした様な事を言うと、はっ?という感じに何だか叱られそうでしたし、「私自体普通な人間なので、同い年くらいの少しだけ私より収入が上の方なら大丈夫です。」と、遠慮がちに言いました。

すると…、「本気で活動する気ありますか?」と、何であんたみたいなのがうちに来たわけ?と言わんばかりの目をしていて辛くなりました。

仕事だから仕方ないというそのやり取りに萎縮してしまい、「もう少し考えをまとめてからまた来ます。」と、逃げる様に帰って来てしまいました。

何だか登録前から不合格!と言われた気持ちで、涙が出ました

その後違う相談所で登録、パーティーにも参加して楽しい会話をしたり、連絡先を交換したり出来たので、あの時無理に登録しなくて本当に良かったと思いました。

相談所の方は、敢えて厳しい事を言っているのも分かりますが、初めて勇気を出して訪れた人に対して、あの様な接し方は厳しすぎました。

そのせいなのか、次に訪れた結婚相談所は、社員の方のアドバイスが本当に温かく、こんな私でも気持ちよく受け入れてくれ、心から何でも話せたのです。

そういう意味では…、1つ目のあの上目線からの冷たい感じで、逆にこちらも吹っ切れて緊張感なく2つ目にいけたのかもしれませんね。

誠心

公式HP

↓出会いたいなら断然出会い系がオススメ↓ クリック

【保存版】出会い系サイトを比較しました

今すぐ優良サイトの特徴をチェック&無料登録で無料ポイントゲット