【赤坂リアリティーの口コミ】初めてのハプニングバーの利用で、近所の赤坂のカフェでしばらくためらっていました。お店の前で行ったり来たりして、何回もホームページを確認したりしていました。

おそるおそる電話をかけてみると、感じの良い青年の方が応答してくれました。

親切に道順を教えてくれ、無事にたどり着きました。そこはスナックが入るビルの一室にあります。

勇気を出してインターホンを押してみると、先程の受付の青年が対応してくれました。

入会金と身分証の提示を求められ、入場します。個人情報ですから、身分証の提示を出すことの不安はありました。

中に入ると、4〜5名ほどのカウンター席と、5卓ほどある丸型のテーブル席がありました。カウンターを見ると、薄暗い店内に数人の単独男性が待機しています。

テーブル席には単独女性が1人、そして男女のカップルらしき人がいます。

辺りを見渡すと、単独女性の周りに3人くらいの単独男性が取り囲んでいます。ワイワイガヤガヤ楽しい話に花を咲かせます。

女性は私服姿ですが、単独男性はみんなお店のレンタル品のバスローブ1枚の姿です。臨戦態勢の姿が面白いです。

しばらくすると、周りの単独男性が一斉に女性の服を脱がし始めています。そして全裸にし、たくさんの手で胸や秘部を触っています。

1人の男性がバイブの利用を始めました。バイブの振動と女性の卑猥な声が大きく響きわたっていました。僕はカウンター越しから見たり、シコることしかできなかったです。

店員の青年の男性から、「カップルの女性、好き者だから、遊んできなよ。」という嬉しい言葉を頂戴しました。パートナーの男性から許可を得たため、熱く火照った女性の味見をすることに成功したのです。

女性はボンテージ姿に網タイツ、さらに秘部を御開帳してくれて、僕のイチモツは最高潮に達しました。

白く大きな胸をつかみ、互いの体温が高まっていき、すぐに射精し果ててしまいました。

ハプニングバー童貞を捨て、気分が乗ってきた私は、来店してきた新しい単独女性を見境なしに口説きました。

しかし、その子はただお酒を飲みたかったらしく、僕の言動が気に食わなかったのか、すぐに店をでてしまいました。

だれでもイケると楽観的になりすぎて、女性に嫌われてしまいました。

違った席でも延々と非日常が繰り広げられていました。

もっと時間の許す限り楽しみたかったのですが、終電の時間が迫ってきたので、全てを出しきれぬまま店を後にしました。

・カップルで行くタイプのハプニングバーはpcmax(18)で相手を見つけましょう!

赤坂リアリティー

公式HP

 

↓出会いたいなら断然出会い系がオススメ↓ クリック

【保存版】出会い系サイトを比較しました

今すぐ優良サイトの特徴をチェック&無料登録で無料ポイントゲット